はんこ広場上尾店 / 上尾・桶川・宮原・伊奈・蓮田地区のはんこ・印刷・看板専門店

印鑑はあなたの分身です!

必要にかられ「つくらなければならなく」なってみないと
なかなか触れることがない「印鑑」。実印?認印?印材?書体?...よくわからない?
めんどくさい?とにかく明日の手続きが簡単に済めばそれでいいから、
むずかしい話は後にしてくれ?
 
いえいえ!むずかしく考える必要などまったくありません。
一言で申し上げましょう!印鑑とは!「あなたの意思を証明するもの」すなわち
「あなたの分身」です。
 
よって、高級象牙の数万円の実印であれ、巷に溢れる「激
安ハンコ」であれ、一度公の書類等に捺印したならば最後、
責任の所在は「あなた自身」になります。
 
一度しかない人生で幾度となく迎える大事な場面、出生、
進学、結婚、就職、死亡
と絶対に取り返しのつかない大切な場面で
使用するものです。それに見合ったものを選びましょう。
 
本当に納得出来るモノを、お買い求めください。
当店はその「本当に納得出来るお店」として一人でも多くの
お客様にお選びいただけるよう、日々精進してまいります。

 

1.まずは用途とご予算をお決めください

個人のお客様は、印鑑登録用の実印、口座開設の銀行印、様々
な書類用の認印、簡易的な氏名印、住所印、いわゆるシヤチハ
タ、その他お孫さんへの贈答用など、法人のお客様は、会社設
立時の代表者印、専用口座の銀行印、請求書、領収書等に使用
する角印、納品書、簡易書類等に使用するゴム印他、印鑑にも
様々な種類があり、それぞれのご用途、ご予算によって必要な
ものが異なります。
 
まずはこのご用途がハッキリと決まらなければはじまりませ
ん。ご家族様などとじっくりご検討の上「今、必要な印鑑は
何か?」お決めください。

 

2.印材、サイズを選びます。

「印材」とはその名の通り、印鑑の素材のことです。印材と
して古くから使用されているものとしては、植物性では「柘」
動物の牙や角が原材料のものでは「水牛の角、象牙」などが
主流です。最近では環境に考慮して開発された「彩樺」とい
う植物性素材や飛行機の機体などにも使用されている新時代
超金属「チタン」、いわゆる「太陽の石、金魚の涙」と言わ
れる樹脂の化石「琥珀」、その他贈答用印材など、たくさん
の種類があります。サイズも含め、それぞれのご用途によっ
て適材は変わってまいりますが、基本的にはそれぞれの好み
自由ですので、ウインドウショッピングのように楽しんで
お選びいただいて構いません。

 

3.書体を選びます

ご用途がハッキリとし、ご予算に応じて印材、サイズが決まれ
ば、残るは「書体」のみです。「書体」とはもちろん「彫る字
のカタチ」のことです。明朝体やゴシック体など、コンピュー
タの「フォント」としてもよく知られている「あの字」のこと
です。一般的に手彫り印鑑をご注文される方には簡単には偽造
できない「印相体」をオススメしておりますが、基本的にはこ
ちらも「お好みに応じて自由」です。当店では当店職人だけの
オリジナル「藤原流篆書」という書体でも彫刻可能ですので、
こちらに関しても以下をじっくりとお読みになりご検討くださ
い。

 


 
 

ページトップ

Copyright© 2004 Hankohiroba Toyodo Co.,Ltd. All right reserved.